家でお弁当を食べ始めたらなんだか調子が良い案件

左から>> 南瓜・豚肉・玉ねぎのナンプラー炒め / 大根の煮物 / いんげんのカレー炒め / 大根の葉っぱと油揚げの炒め物 をご飯にのっけ

自粛期間中、お弁当を作るのを一旦休止していました。その後、家で作業をするのが常となりお弁当作りから遠のいていたのですが。。。。。。。。。。。。

去る6月28日から復・活!

ふと、お弁当作ろうかな。と思ったんですよね。
せめて月~金の間だけでも。週末は外で食べても良い、もしくはワンプレートでどどんと食べても良し◎。ルールは厳密になりすぎず、楽しむ事を忘れない、以上。

自粛期間が始まってから何だか自分の身体と心にグラつきを感じ、いまいち調子が上がらない日々が続いていたのですが、お弁当を毎日作り食す事で少しずつ復活してきたのでその事を印そうかと思います。

※今から書くことはあくまで私のこころと身体のメンテ方法と捉えて頂けるとありがたいです。

①小さなおかず達をちょこちょこお弁当に詰める事で毎日少しずつ色んな栄養を取るよう心がける
大体週に1~2度大きく買い出しをして一日に1~2品位を目標に作る。基本は手のかかるものはそんなに作らない。お肉やお魚は無くなり次第買い足すスタンス。常備菜を作れる余裕がある時はいっぱい作る事も。その分作れない日もあるのでバランスを取るようにします。

②常備菜をストックすることは、明日に繋がるアイデアを貯める>>溜まると単純に嬉しい
常備菜があると、翌日に新たに作りたいおかずの事を考える余裕が出来ます。冷蔵庫と相談する時、常備菜のタッパーを見つけるとホッとする自分(笑)

後は、買い出しをする段階でよく考える事
        ↓
「この食材を買う事で、いくつのレシピに活かす事ができるだろうか?」
例えばホットケーキミックス買うか、小麦粉買うか?みたいな。あ、でも基本食べたいものをその時に食べるのが一番健康的な気がします。


お弁当箱をみっちりと埋めた後の充実感が半端ない(えー、完成度は置いておきます。。)
私は基本、のっけ弁です。何故ならおかずの汁がご飯に浸みているのを食べるのが好きなのです。昔同僚にはぶっこみ弁当と言われた事もありましたけども(笑)私のお弁当はザ・地味弁なので、味が単調にならないとか(醤油と塩が大半を占める)、色どりが良く華やかなお弁当を見ると超憧れます。


④お気に入りのお弁当箱を使う事でテンションが爆上がりする
私は杉の木クラフトさんのお弁当箱を使っています。西荻窪のとあるカフェで販売していてひとめぼれでした。お値段は少ししますが、毎日使うしご飯も美味しく保存される事を考えると損はない、そしてその通りでした。私は一段弁当箱を使用しています。ご飯から蒸れ出る熱をうまい具合に吸収・放出してくれるのでお弁当箱の中でご飯が汗をかきすぎないから美味しいまま保存されているのです。

⑤一日のルーティーンが出来る
ルーティーンがあるとそれを今日も行った、という達成感を地味に味わえる。また、その達成感は残った時間をどの様に過ごすかということのポテンシャルをあげてくれると思います。

********

と、いつにない熱量でつらつらと書いてしまいましたが、より良い健康体を目指して色々と人体実験を繰り返していきたいと思います。今は本当に色んな健康法が溢れていますが、やはり自分の身体で試して実感する事で理解が深まっていく様な気がします。日々トライ&エラー!

でも、何度もいうけどその日に食べたいな、と思ったものに忠実であるというのは大事だなあと思います。食べたい=今の自分の身体が欲しているという方程式ってあると思うので。仮にジャンクが食べたい、と思ったら食べれば良い(葛藤あるけど)でも何故それを欲するか?という事を深堀していくと本当に必要な栄養素にぶち当たると思います(人体実験結果報告一例)

というわけで、これから食します!皆さんも良きランチライムを!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中