名づけて物撮りブルー

ここ数日、制作物を物撮りしていたのですが、物撮りとは、難しい。。。。少しずつ前よりは色んな事がわかるようになってきたものの、満足がいくにはなかなかむずかしい。

作業に疲れてしまって、隣町の商店街にふらっと散歩に行ったらとある写真スタジオが開放していて「あ、開いてる。。」とこれまたふらっと入って物撮りの相談などをしてしまいました。配置の角度の事、光と影の事など今まで気にとめてなかった点も教えてくれて、感謝しかない(泣)でもなにより、良く見る事、これが一番大事なんだろうなあ。この前とある写真家さんが写真映りが良い人は自分の事を鏡で良く見ていると言っていたのと同じ事なのではないかと思う。

以前も現像の事で別の写真館の方にご相談に行った事があるのですが、写真を撮る方と接するととても現実を見つめる力が強いのだなあと思う事があります。でもその力を超えて写真に現実を超えた現実を映し出していて、魔術師の様に感じる事もあります。そして今までお会いした方のほとんどは真摯に質問すると物凄く丁寧に答えてくれる人ばかりです。多謝。。!

その後はyoutubeで物撮り関連の動画を見たりして、翌日再挑戦。

この前よりは良いかな~?けど、これはひたすら練習ですな。。

でも、ここでふと思った。私はこれらの写真を撮る上で一番大事にしたい事はなんだろう?もちろん、観る人が観やすい様に。。もあるけれど作品の持っている空気感や肩肘張らない気楽さを伝えたいと思っている。。と考えたらなんだか自分の肩の力がスッと抜けた思いになりました。知らないうちに無理に型にはめようとしていたのかなあという事がわかり、なんだか随分と楽しくなってきました。やはり、自分の肩の力が抜けないと写真を観ている方もガチガチになってしまうと思うから。

こうしなければならない、という事はひとつもないのに、いつのまにか自分軸で考えれない時がある。

良く見る、という練習を続けるのはそのままに。でも窮屈でこの形でなければいけない、という思考からは抜け出して楽しみのエッセンスを加えながら前進していけたらなあと思う。

今度、あの写真館の方に差し入れを持っていこう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中