道中で感情コントロールを考える

昨日、何十年ぶりにフェリーニの「道」を観たのですが、やっぱり巨匠の作品て凄いなあと、頭をガツンと殴られたような気がしました。

ストーリーの説明は割愛させて頂きますが。。各登場人物の人間臭さだったり、どうしようもないところが描かれていて、時代背景こそ違いますが現代の人々が観てもとても考え深いものなのではないかと思います。

旅の道中を共にするザンパノはそのままでも良いのだけど、もう少し自分の感情をコントロールできれば良かったのかもしれない。

でも、感情コントロールって難しいよなあと思います。もう少し理性的に考えられたらさぞかし楽なんだろうなと思う事山ほどあります。

この映画の中盤にキーパーソンとなるイル・マットという芸人が出てくるのですが(上記に添付している動画の0:23から出てくるバイオリンを弾いて踊っている人)、この人がこの動画内で言っているセリフ

「この小石でも役にたってる」

これはヒロインジェルソミーナが「私、何の為に生きているか判らない」と悩んでいる時に投げかけた言葉です。このイル・マット、ジェルソミーナの事をこの直前に「君は変だよね、頭とかアーティチョークみたいだしさ」とか明るく言ってて上げたり下げたりと調子が良いですが、私はこのシーンがなんだかとても感極まるところがありました。

この意味があるかどうかわからない小石にも役割はある。という風にも解釈しましたし、もし小石の様にただ淡々と生きる事ができたのなら不安や恐怖を内包してしまう人間はもう少しそれらを手放す事が出来るのではないかと思いました。

最近、また感染者が急増してきて経済の停滞や自由が効かない日々に不安を募らせている人が多い事を肌身で感じます。ちなみに今日私が聞いていたラジオのお悩み相談で「今回の騒動で、会社の人員削減があり人数が少ない中で激務でどう自分をコントロールすれば良いか判らなくなった。。」という方のお悩みが来ていて(泣)、皆表面では元気そうにしていても不安に追いかけられているのかな。。と。

私は植物や動物達にとって「死」や「不安」ってどの様に存在しているのだろう?と不思議になる事があります。人間ほどの不安や恐怖は持ち合わせていないかもしれない。もしかしたら私たちよりも死というものをもっと自然の摂理として身近に感じていて、淡々と、今目の前の事に集中しているのかな、とも思ったりします。

動植物への知識が足りない私がこんな事を書いてしまって何なのですが。。(スミマセン)感情や理性を持ち合わせている人間は小石や動植物の様には生きられないかもしれないけれど、ある意味での自然回帰という事はこの時代に促されている事なのではないかと思う。

それは文明が、テクノロジーが、とかいうことではなく、もう少し自分の内側にフォーカスすること。外側の条件ではなく、自分が何を求めているのかを日々の中で発見していくことなんじゃないかと思う。マインドフルネスなんていう言葉が当たり前になりつつあるし、浴びる情報が多い分自分をおざなりにしてしまうことが無意識的に起きるこの日常には、必要なのではないかな。。等と考えています。

そんな私も昨日は休みに何しよう?と考えて色々と判らなくなってました(笑)なんだか色々損得勘定してしまってあれこれ考えすぎてしまった!でも、一番最初にしたいと思った事はなんだっけ?と考えなおしたりして、フェリーニの「道」に突き当たるという。

はー、にしてもあの頃の時代というものは一度さよならを言ったらもう会えない確率になる事の方が高かったかもしれないし、ジェルソミーナなんてザンパノに売られてついていったけど、もう家族とは会えなくなるかもしれないのを承知でおそらく出ていったんだよなあ。イル・マットとのお別れの時も「チャオ」というあの表情がなんとも言えん。。。個人的にはイル・マットとジェルソミーナの夜空の下でのお話がクライマックスでした。

このブログも小石の様なものだけれど、それでも自分が出来る事をやっていく、それを忘れずにいようと思います。

今日も良い一日を。〆は淀川先生にご登場頂きました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中