Listen to Silence@Hiroshige Cafe Gallery

昨日、恵比寿の弘重ギャラリーで行われているHanae Saitoさんの「Listen to Silence」を観に行ってきました。

彼女の描く線は写真で観て分かる通り細かく、とても繊細です。この日、写真を撮らせて頂いたのですが、この、細部が特に神ってる作品たちをうまく撮影できずめちゃくちゃ無念でした。。(泣)

作品は10点以上展示されており、その中にはペインティングも何点かあります。幸運にも昨日作家さんとお話しでき、作品の事をあれこれ伺う機会に恵まれました。

これらの作品の被写体になっているのは、ご自宅のお近くにある木だそうです。

その木の部分を細かく描き続けているとか。。

お話の中で、この作品にはどれくらいの時間を要したか等も伺えたのですが、制作の追い込みと共にだんだんとゾーンに入っていく中で絵の動きがダイナミックになっていく、といった類のお話がとても面白かったです。

それは私にはその被写体となっている木との同調が強まる様な印象も受けました。そして銅版画(特に彼女の作品は)は刷り上がりまでにとても時間が必要なので、その長い長い長距離走の間に、被写体の木・作家・マテリアルの眼に見えないコミュニケーションが濃度を増していったのではないかなと勝手に妄想。。

よく、鉢植えの植物等は住人の波長を感じ取る、と聞く事があります。我が家にも何個か鉢植えがありますが、なんだか調子が悪いタイミングが合ったりするときもあるような(笑)でも、一緒に生活していればそれぞれの波長を感じ取ってしまうって当たり前の様でもあります。

後、時たま思うんですけど、木って私たちよりだいぶ長生きですよねえ。。木に限らず建物とか色々当てはまるものはありそうですが、そういったもの達って長い歴史の中で様々な移り変わりを見せているこの人間の世の中に何も申さず、沈黙を保ちつつもずっと見守ってくれているのですよね。今回の展覧会のタイトル「Listen to Silence」もその事を物語ってくれているような気がして。

今、先行きの見えない世の中で「眼に見える安心」というのは本当に一握りのものなのかもしれない。というか、この世の中眼に見えないものだらけだと私は思う。ただただすべきことはそれを自分の身体というフィルターを通して日々感じ取っていくだけなのかな、とも思いました。

話がだいぶ脱線してしまいましたが、是非、展覧会会場でご高覧くださいませ。

Saitoさん、どうもありがとうございました。

HIROSHIGE GALLERY(弘重ギャラリー)

”Listen to Silence”
Hanae Saito

2020/12/15(Tue)-12/20(Sun) 11:00-19:00(最終日のみ17:00まで)

〒150-0022
渋谷区恵比寿南2丁目10-4 ART CUBE EBIS B1F
TEL:03-5722-0083(代)
11:00~19:00(定休日:月曜日)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中