【ORDER MADE WORK】ポートレート ひとさじ くわえさせて

オンラインショップに新しいサービスを導入しました。その名も

【ORDER MADE WORK】 ポートレート ひとさじ くわえさせて

先月友人から「娘を描いて欲しい」とのオーダーを受けてせっせこ制作していたのですが、オンラインショップのオーダーメイドワークに参加させてみようかな、と思い正式参加致しました。

メール等を通じてあなたが描いて欲しい人(もちろんご自身でもOK)の写真を見せて頂いたり、お話を少し聞かせて頂いたりして、そこにコラージュやイラストのエッセンスを加えながらポートレートを完成させていきます。

今回お話を頂いた友人の娘さん、実際にお会いした事はないのですが、写真を見せて頂いたり好きな遊びや色等を伺って私の中でイメージを拡げていきました。私のなかでの印象は、何故かとても大人っぽいイメージでした(まだ小学生さんなのですが)。

多分、こんな感じの大人になるんじゃないかな。。という妄想が働いたのかもしれません。そこで作られたのが下記のコラージュ(大体最初にドローイングやコラージュをしてイメージを膨らませていきます)

でもこのプロセスを経て見えてきたものはもう少し「今」の姿を描こう、という事でした。そしたらなんだかお母さんと一緒に並んでいる姿を描きたくなったので.。。そちらを納品しました。また、抹茶パフェが好きみたいでパフェの山に登っている娘さんの絵をイラストタッチで描きました。

登る山だったら抹茶パフェみたいだったら良いな、なんていう妄想が働き(自分が登りたいだけなのか(爆)食べる事に一生懸命になりそうな予感。。)加えてみました。

描いている時間、私も一緒に抹茶パフェを食べるという(MOWの抹茶→大好きと、ゆであずきと、パンをグラスに詰めて自家製パフェ作ってた。。パンじゃなくて白玉とかにしときゃ良かった。。と大後悔しましたが。なんでパンを選択したか未だに謎。。ってどうでも良いですね!)。

その他にも触れた事のないアニメやゲームの事を調べたり、自分が普段はチョイスしないような色彩のものを眺めたり、ひとときの間色んな意味で違う人生を味わった気分でした。

この様な経験をさせてくれた友人へ、どうもありがとうございます。

というわけで、「ポートレート ひとさじくわえさせて」を何卒宜しくお願い致します。

bananamelon / バナナメロン

先日バナナとメロンの貼り絵を納品してきました。オンラインショップの方には貼り絵の原画の写真しか掲載する事ができなかったので額に収まるとこんな感じだよ、というのを後ほどアップしようと思います。

私も自分で作った貼り絵が額縁に収まるとこんな感じになるのかと初めて知った(笑)

通常、額装したものを郵送という形で提供させて頂いておりますが、今回のクライアントさんはご自宅が近いという事もあり、インテリアの様子や壁の色等、相談させて頂きながらどんな額縁にするかを決めていきました。ちなみに額縁の裏側はこんな感じです。紐部分にワイヤーを引っ掛けたり、釘などに直接引っ掛ける事ができます。

今回の事で額装から納品まで一連の流れを体験させて頂いた事、その課程を経て新たな局面にいる事に感謝致します。また、家庭の中に参加させて頂くという事、これからの時間を一緒に過ごしていく事になるんだなあと思うとなんだかとても不思議な、でもとても光栄な気持ちです。

この貼り絵に関しては、シートのまま販売しても良いかな。。とも考えていたのですが、物によって額装するとがらっと印象が変わるし、最後まできちんと面倒を見るべきだなと思いまして額装込みでご提供させて頂いています。

ばなーな
めろーん

オンラインショップの方も是非覗いてみて下さいね。
https://masumihirayama-aat.stores.jp/

まさかのフィッシュマンズにバナナメロンという曲があった。というか、バナナメロンというフルーツもあるんですね。

歯を食いしばるのはもうやめよう

うっかりすると書かない日がこんなにも出来ていて、自分でも何をしていたのか記憶が曖昧です、が、ここ最近は集中的に制作をしたり画材屋さんへ相談に行ったりなどある意味とても濃密な日々でした。

それもこれも、友人が絵を二枚購入してくれたのでした。

先日額縁のオーダーが済んでまだ完成品は手元に届いていないのですが、とても勉強になったし、額縁付きの商品に関しての説明をもう少し手を加えた方が良い気がするな。。などなど考える事が色々ありました。でもほんと、こうして経験をさせていただけること自体がとても光栄です。

最近ほんと色々考えてたわりにアウトプットをしていなかったので、言葉があまり出てこないのですが。。よく考えていたことその1。

性格上、初めての試みって楽しみでもあり、ちょっと緊張するというか少し不安めいて考えてしまう時があるんですけど(この思考回路、手放し中、いい加減、じゃま!(笑))、「良い経験できると思えば」という言葉をとある方が仰っていて、妙に腹落ちしたのでそれを聞いた日からこの言葉を思い出すようにしている。結構効果アリ(にやり)。

その2。少しでも違うなと思った事はしない。例えば朝ごはんは何が食べたい?のサインを見誤るとそのズレがどこかでやってくる。「ちくしょー、パン食べていれば。。」と一気にタラレバトークに突入するのです。いちにちの中で判断する瞬間ってたびたびやってくると思うんですけど、自分を大事に出来ないと周りも大事に出来ないし、結局はそこなのではないかなとも思う。

ちなみにどうでも良いんですけど、一昨日歯が欠けました。。(泣)正確に言うと、大昔に詰め込んだプラスチックが外れてしまったみたいです。

歯医者さん: 「歯食いしばる事ある?」

私: 「寝てる時歯ぎしりしてる時あると思います」

歯医者さん: 「日中起きてる時、食いしばってる事はない?起きてる時上の歯と下の歯ってふつう食べる時以外はぶつかることがないんだけど。。」

私:「。。そうなんですか?確かに何か集中している時はあごにぎゅっと力入ってるかも。。」

歯医者さん:「。。。(絶対食いしばってるなこいつ)」

リラックスしてたら食いしばる事ってないよな。。今までズレてズレてズレまくって歯を食いしばっていたのか?自分よ。。と笑えてくるような出来事でした。でもこうして身体の症状としてサインを送ってくれたのでそれはとてもありがたい事ですね。気巡ってないんですな、私は。

額縁オーダーの為立ち寄った神保町の帰り、飯田橋まで散歩しました。よく晴れて気持ちが良い日だったー。飯田橋近辺、とても好きです。

リトル・ピープル

思えば私の半生、頭の中にぴょこぴょこ現れる小さな人達がいる。何か真剣に考えている時、真面目に描いている時、そのふざけたタッチの人々は1ぴょこ2ぴょこと現れる。(だから勉強が出来なかったんだな!)

ノートにらくがきしたり、何かちょっとした絵を書くときは必ずその小さな人達になってしまう。

リトル・ピープルとでも呼ぼう(村上春樹ファンの皆さん、ごめんなさい💧)

いつも自然に描きすぎているので考えた事なかったけど、現れてくるからには登場させた方が良いのかと考える。

近いうちにネットショップを始めてみようかと考えています。もっと早くできただろうにと、何度も思うのですがこの数カ月、自分と向き合う時間がどうしても必要でした。

作品数こそまだそんなにないけれど、良い気が廻っているものをお届けしたいと思います。作品数と同時に自信も全く無いのですが、私の中のジャニさんが「you, やっちゃいなよ!」というので。。人生短いしね(笑)

何卒宜しくお願い致します;)

なぜ君ははぎれを使うのか

キタキツネ

ここ最近ずっと貼り絵を作っています。モチーフは動物や食べもの、風景等。。人間はなんだか作る気にならなくて作っていない。とある時期はポートレートばっかり必死で描いていた時期もあったのになんでなんだろう。

作り始めたきっかけは銅版画で試刷りした紙や切れ端がいっぱい残っていたから。私は普段は断捨離魔なので(笑)必要ないなと思ったらちょっとためらいつつも容赦なくゴミ収集orリサイクルへ廻してしまいます。

ただ、この版画で使用した紙は何故だか捨てられなかった。ハ―ネミューレというそう安くはない紙、というのも勿論あるけれど、試刷りに使用した紙というのは失敗や実験の思い出が詰まってるし、その思い出を分け合う時間が工房の中には確実に流れていたのでそれを使わないからといって手放すのは何だか寂しかったし何かに変換したいなと思っていたからです。

切れ端とかはぎれとか、形ある物を作るとどうしてもでてしまうもの。現実的に用途はないもの、そのようなものの存在を新たに形あるものにしたかった。でも、また形をつくるからといってそこから新たなはぎれは極力出さないようにしたい。紙も細かく切り刻んで素材の質感を出すためにも貼りこんでいけば全てのはぎれが回収され得ます。

素材を買い足す時は勿論これからあると思うけど、極力今自分が持っているもの、触れられるものに焦点を当てて制作していくスタンスをしばらくは取っていこうかなと考えています。アイデア次第で変更する事もあるかもしれないけれど今はそんな気分です。

また、これはずっと思っていた事なんですが、この世の中には人知れず頑張っている人、頑張っているのに評価をされない人、大きな組織という”形or型”からあぶれてしまって、独自のスタイルを保ちつつもインディペンデントな人。そんな依存しない、自分の道を歩んでいる人を観る度に静かに心の中でエールを送っています。

なんか、いつもそんな事を考えているからなのか、このはぎれを使って制作したいと思ったのは。私という媒体を通して、この素材達を型にはめ込むのではなく適切な場所、輝け得る場所ににリロケートしたい。(ずいぶん偉そうですが。。そんな感じです。)

今回の話の流れで言うと、これから、勿論私も含め、個人がもっと自由に自分と言う一人の人間としてこの社会で生きてければ良いと思う。型にはめられることなく、はまることもなく、自分である事を思い切り肯定できる社会。

そうそう、昨日この映画を遂に観ました。タイミングだったなあ。

「なぜ君は総理大臣になれないのか」大島新 監督

こんなひとがいたんだと驚きつつ、とても純粋に応援したい気持ちになりました。3~4回位涙腺崩壊した夜。

失敗談を聴いてもらう心強さよ

以前描いた絵であんま好きじゃないなー。。と思ってじーっといつも眺めていたのがとある日別のものに見えました。

。。りんごじゃあないか!!(色あいが)

ということで、貼り絵に急遽変更(変形)!

こういう何か別のものに変身したり、副産物が得られると何だか嬉しくてホクホクします。

話は少しそれるのですが、昨日伸び伸びになった髪をカットして頂きました。東京に来てからずっと同じスタイリストさんに担当して頂いています。

いつも私のぼさぼさゴワゴワな髪をきれいに整えつつ、色々と私の話を聞いてくれてその事にただただ感謝しています(ありがとうございます✨)

よく、思うのですが人の話を聴くってもの凄いテクニックがいると思うのです。如何に相手の話に耳を傾け、自分軸を失わずに返答するか(しかも美容師さんの場合、ハサミを動かしながらですよ)。あまり相手に同調しすぎてもいけないしかといって聞き流してしまうと空気の流れが一気に変わってしまう。

昨日、思わずポロッと話してしまったここ最近の失敗談があったのですが、話を聞いて頂いて、「良い失敗だった」と改めて思いました。背中を押してもらった、そんな感じです。

人はただただ聴いてもらう=自分の考えている事をリリースする事でとても軽くなる事ができるのではないかと私は思います。

私の失敗もこのりんごの様にメタモルフォーゼしますように。