【ORDER MADE WORK】ポートレート ひとさじ くわえさせて

オンラインショップに新しいサービスを導入しました。その名も

【ORDER MADE WORK】 ポートレート ひとさじ くわえさせて

先月友人から「娘を描いて欲しい」とのオーダーを受けてせっせこ制作していたのですが、オンラインショップのオーダーメイドワークに参加させてみようかな、と思い正式参加致しました。

メール等を通じてあなたが描いて欲しい人(もちろんご自身でもOK)の写真を見せて頂いたり、お話を少し聞かせて頂いたりして、そこにコラージュやイラストのエッセンスを加えながらポートレートを完成させていきます。

今回お話を頂いた友人の娘さん、実際にお会いした事はないのですが、写真を見せて頂いたり好きな遊びや色等を伺って私の中でイメージを拡げていきました。私のなかでの印象は、何故かとても大人っぽいイメージでした(まだ小学生さんなのですが)。

多分、こんな感じの大人になるんじゃないかな。。という妄想が働いたのかもしれません。そこで作られたのが下記のコラージュ(大体最初にドローイングやコラージュをしてイメージを膨らませていきます)

でもこのプロセスを経て見えてきたものはもう少し「今」の姿を描こう、という事でした。そしたらなんだかお母さんと一緒に並んでいる姿を描きたくなったので.。。そちらを納品しました。また、抹茶パフェが好きみたいでパフェの山に登っている娘さんの絵をイラストタッチで描きました。

登る山だったら抹茶パフェみたいだったら良いな、なんていう妄想が働き(自分が登りたいだけなのか(爆)食べる事に一生懸命になりそうな予感。。)加えてみました。

描いている時間、私も一緒に抹茶パフェを食べるという(MOWの抹茶→大好きと、ゆであずきと、パンをグラスに詰めて自家製パフェ作ってた。。パンじゃなくて白玉とかにしときゃ良かった。。と大後悔しましたが。なんでパンを選択したか未だに謎。。ってどうでも良いですね!)。

その他にも触れた事のないアニメやゲームの事を調べたり、自分が普段はチョイスしないような色彩のものを眺めたり、ひとときの間色んな意味で違う人生を味わった気分でした。

この様な経験をさせてくれた友人へ、どうもありがとうございます。

というわけで、「ポートレート ひとさじくわえさせて」を何卒宜しくお願い致します。

2 new postcards are coming

① 【POST CARD 5枚組】 five senses

1点1点手書きのポストカードに手製のハンコを押した5枚組のポストカードセット。5感を研ぎ澄ますとふとしたときに気づく不思議な感覚。そんな感覚を共有出来る人に是非、送って下さいね。
https://masumihirayama-aat.stores.jp/items/5f902719aaf0434fad4894e9

② 【POST CARD 5枚組】 create your life

1点1点手書きのポストカードに手製のハンコを押した5枚組のポストカードセット。今年は本当に大変な事が起きたけれど、前向きに少しホッとできるようなメッセージを添えました。
https://masumihirayama-aat.stores.jp/items/5f901e014606903f8e8c5533

マスタード色のスタンプパッドをゲットしたので久々に消しゴムはんこを作って押しまくりました。スタンプパッドって色んな種類の色があるんですね。これから年賀状シーズンになると文房具屋さんには通常よりわずかにスタンプパッドが潤うみたいです。

年賀状もはがきも、メールやLINEに気圧されて出番が少なくなりましたが、やはり受け取ると嬉しいものですよね。

プロセスの時に見える風景 / 奈良さん / メゾチント

昨日は銅版画クラスでメゾチントという技法の目立てを行いました。初メゾチント。。!他の方々がやっているのを横目でいつも見ていて、やってみたいなあと思っていたのです。ちなみにメゾチントとは、銅板全体に傷をつけて写真の様に真っ黒の画面を作り(この工程が目立て&写真はインクを載せて刷った後のもの)、その上に描きたい絵を描いていきます。絵を描く際に目立ての時にできた傷がつぶされるのでその部分は白くなります。

まずは目立ての作業なのですが慣れない道具を使って長時間行っていた為、腕が超筋肉痛。。(泣)でも家帰って刷ったものを並べてみて変化があることにムフフ、となっていました。

私は作品の出来上がっていくプロセスを通っている時が一番好きかもしれません。また、他の作家さんの作品の裏側にあるプロセスを知るのが好きです。こんなに時間が掛かっていたのか、こんな出来事が起きたからこの様な表現方法に至ったのか、という事が知れると自分の感性が刺激を受けて更に違う視点を持つ事ができる。とかいう事を考えていたら奈良美智さんが以下の様な事をツイートしてました。

奈良さんの著書でちいさな星通信という、自身の生い立ちからドイツへの留学、様々な国での活動が綴ってある本があり、今でもたまに見返しています。日々や制作への葛藤がストレートに綴られていて、悔しい事があった時や行き詰った時、この本を枕元に置いて寝ていた若き日々があります。。(遠い目)奈良さんの作品から出ているあの深みとは、色んなプロセスを通った上で出てくる深みなんだろうなあと今更ながら納得しています。

何より、素材とコミュニケーションしながら少しずつ理解していく、ということを肌身で感じた時に嬉しさを感じるかもしれません。自分の事や日常を忘れ素材の事だけを考えている時に、なんだかすごく幸せを感じます。でも私は理解するのがすごく遅い方だと思います、残念ながら(笑)

そのプロセス自体が作品になることだってあるんですよね。すっとばさず、じっくりと身体に馴染ませていこうと思います。自戒を込めて。

paper prints

先日小学生の時にやった紙版画を思い出してやってみたら思いのほかに楽しかったので今日も少し手を動かしてみました。ローラーもインクも無いのでひとまずスタンプパッドでインクをしみ込ませて、手を馬簾代わりに。

まんべんなくインクが行き届いていないのと、圧なんだろうか。くっきりとまでは行かないけど、なんとか形は浮き出ている。。

自宅に紙刷りで使用した版画紙があるのでそれを再利用しています。

ヒヤシンス頭 100×148 acrylic
cow 100×148 acrylic

今日の二枚