某印刷ショップでの強制終了。ストップの圧力すさまじい、という話。

この前とある出来事に対してほぼ強制的に自分の中でストップしてしまった事があって、なかなか言語化する事が出来ずに何日かうんうん苦しんでいたのですけど、頑張って説明してみようと思います。

まず、オンラインショップで初めてポストカードをご購入して下さった方がいました。ほんとに有難いの気持ちしかなく、この場をお借りしてお伝えしたいです。「ありがとうございます!」

で、ですね。ひと息ついて落ち着いてから梱包等の作業に取りかかりました。封筒も手作りして、中に入れたメッセージカードも自分で染めたものを入れたりして。で、その日のうちに出そうと思って郵便局に行ったのですが、少し出遅れてしまって窓口が開いていませんでした。だから一晩おあずけになってしまったんです。

でも、その一晩時間を置くという事が自分に迷える時間をきっちり提供してくれたのです。

その迷いはと言いますと(以下の通り)

・もう少しきっちりとした店らしい感じで梱包した方が良いんじゃないだろうか?
・もう少しこれからの事を考えたデザイン、もう少し正当なもの(ここポイント)を梱包した方が良いんじゃないだろうか?
・あのお店はああやってた、あそこのお店はこうだった。。etc

そんな迷いを経て、「よし、お店のDM”らしき”ものを急きょだけど作ろう!」と思い立ちデザインを考え、次の日に某印刷ショップに行ったのですが、そこで自分の中に突然ストップがかかるのです。

それは何だったのかというと、私は用紙の持ち込みをして手ざし印刷でDMを刷ろうとしていました。ところがです、なんとこの夏から用紙持ち込みが課金されることになったらしく、料金は****円。。!これには私も驚いてしまい、なんだかこの時点で一気に印刷する気が萎えてしまったのです。

そこで別の方法を考えてみるもなんだか空中分解してしまい、なかなか良い案が出せなかったのですが。。でも気づいたのです。

「あー、このDM作ろうという案は自分の自信の無さをなんとか埋め合わせしようとしていたんだな。。」

そうなんですよ、最初嬉々として封筒とその中身を用意していたにも関わらず、心の隙間に外側・世間の意見が入り込んできて知らないうちに自分と他者を比較してしまっていたのです。もちろん、相手に対して良きものを提供したいし、これからに繋がる事を建設的に考えてその手段を取っていくのは賢い事だと思う。けど、自分なりに考えて作ったものを、他人様と比較してしまった事によって否定するのは自分を傷つける行為だな、と思った。おおげさかもしれないけれど。

それを裏付けるかのように、そのDMの用意をしている時に、「楽しい」という気分はあまりなかった。どちらかというと何かに駆り立てられている様な、不安が入り混じったものだった。そんな気持ちで臨んだから想定外の出来事(課金爆上がり)が起きたんだなーと今、思う。本当にやりたかったら印刷する枚数うんぬん考えるよりやるだろうし、もしくは他の案を意地でも見つけ出していたと思う。

こんな事を考えてるのでは世間で言われる繁盛する、という事とは遠い所にいるのかもしれないし、効率悪いんだろう。。(笑)でも、気づけた事は収穫だったと思う。正解なんてないのに、自分が持っていない物に基準を合わせてしまった。しかも無意識レベルです。こわーー

なるべくなら不安より、自分にとって楽しく心地よい方を選択していきたい。自分を大事に出来なければきっと相手の事も大事に出来ない。と、言う事で結局は、当初予定していたスタイルでお送りしました!

その後、別件で以前お世話になったコーヒー屋のお姉さんにささやかな手製のポストカード(そのお店のコーヒーを使って染めたポストカードにイラストを描いたもの)を渡しに行ったのですが、とても喜んでくれました。その喜んでいる姿を見て「やっぱりあれで良かったのかもなあ」と。。

自分にとってなんだかとても学ぶ事が多き出来事だった。これからも色々と襲いかかってくるんだろうが、有能なキャッチャーにでもなったつもりで受け止めて対処していきたいところです。

写真は真剣に紙芝居(だったかな?)を見ている子ども達。この目線、大事やー。

【備忘録編】はんこ・呪い・井戸・発光体・投資

キーボードを死ぬほど叩きたい日もあれば、全然上の空で別の事をしていたり、心の移ろいとは忙しいものですね。

今日は備忘録的に綴ってみようかと。

(( はんこは突然押される ))

これは今日起きた事なんですけど、何年も何年も解決しなかった事が突然終わりを見せてそこには感謝の念しか残らなかった。という事が起こりました。問題という程の事では無かったけれど、「これで良かったのだ」と自分で自分にはんこを押せたような気持ちです。清々しいと同時に少し寂しさもあり、でも新たなステージに入れたような気がします。

こういう区切りをつけたい事って自分でつけたつもりでも結局つけられてなくて、しかるべき時に「はい、おしまい!」と突然言い渡されるような気がする。

(( 大丈夫、うまくいくという呪い ))

もう一つ、今日は気がかり案件がありそれを確認しに行く為にのこのこ出動したのですが、その案件を見守っている時に不安の方が勝ってしまいそうな状況の中で、「絶対大丈夫、うまくいく」と半ば呪いの様に(笑)自分に言い聞かせてました。今までの私は未来のイメージは過去の自分が重ねてきた経験や知識が織りなしている様に考えていたけど、今ここから設定できるという可能性を垣間見た気がする。

これは結構貴重な経験だった。

また、それと同時に、どんな案件にしろ不安より「大丈夫」という信頼という愛を送ってあげた方が何よりも建設的だし、自分を大切にしてあげられるし、周りにも良い影響しかない、という気づきも。

(( 井戸の中の発光体 ))

様々な人と対面もしくはメッセージで対話していたのですが、対話は自分に気づきを本当に与えてくれると思う。今月、普段触れないものに触れてみるというミッションを自分に課していたのですが、図らずともその機会はおのずと降ってきていると思う。何にしろ、まだまだ自分を深堀りする必要もあるし、もっと自分を発露していく必要を感じる。

それらはとてもきめ細やかで必要のない発露かもしれないとも思うけれど、そのひとさじが大きな変化を生むような気もしている。

(( 本気への投資 ))

フォローしているカフェの方からDMが届いた。普段から活動の様子を見ていたし、その様子に開拓精神を垣間見ていた。DMに綴られていた希望には添えなかったけど違う形で投資をしました。そのカフェは昔何回か伺った事があり、食べものも美味しく、独自の哲学を持っているので応援しているのです。流れをせき止めず詰まりが無い様にする。良い水が循環していくために。

冷えが強くなってきましたね。どうぞどうぞご自愛下さい!

ライフ・イズ・ドーナッツ

昨日の投稿を改めてみたら、ドーナツの写真でかいな!と思いました(笑)すみません。

実は昨日のドーナツ話には少し続きがあります。。あの投稿は電車の中で書いていました。記事を書き上げて確認・投稿、よし、終わった!と清々しくスマホから顔を上げた瞬間とあるメッセージが私の眼に飛び込んできました。

Life is Doughnuts

。。え???

そう、私に背を向けて立ち乗車している30~40代位の男性の後ろ姿、着ているTシャツに書かれているメッセージが「ライフ・イズ・ドーナッツ」だったのです!(笑)ドーナツではなく揚げまんじゅうとかそれまで考えていた私に早くもフィードバックか?と笑いをこらえていました。むちゃくちゃ写真撮りたくて思わず声掛けそうになってしまいました、かけなかったけど。

その人はあっという間に横浜駅の構内に幻だったかのように消えていきました。。横浜駅、人多いよ。。

ああ、でもこういうシンクロが起きるのってすごく面白いです。その他最近だと、友人が突然「この記事読んで欲しい」とメールをくれた時、その記事でお話している方のご著書を私もその時に読んでいたり。

何週間か前にはその友人の事をぼんやり思い出していた時に結構近くにいたことが後で判明したり。

今日もある友人と「ご縁って。。」という類のメッセージのやり取りをしていたので、なんだか考えてしまいました。

ライフ・イズ・ドーナッツか。思い切り肯定・現在形だな。揚げまんじゅう説が勝てる雰囲気は払拭されてしまった感が。

ドーナツの穴を満たす未来がやってくる、と考える方がこのブログの〆としては宜しいかと思います。

今日はすごく気持ちが良い秋晴れでしたね。皆さんも心穏やかな秋をお過ごしください:)

名づけて物撮りブルー

ここ数日、制作物を物撮りしていたのですが、物撮りとは、難しい。。。。少しずつ前よりは色んな事がわかるようになってきたものの、満足がいくにはなかなかむずかしい。

作業に疲れてしまって、隣町の商店街にふらっと散歩に行ったらとある写真スタジオが開放していて「あ、開いてる。。」とこれまたふらっと入って物撮りの相談などをしてしまいました。配置の角度の事、光と影の事など今まで気にとめてなかった点も教えてくれて、感謝しかない(泣)でもなにより、良く見る事、これが一番大事なんだろうなあ。この前とある写真家さんが写真映りが良い人は自分の事を鏡で良く見ていると言っていたのと同じ事なのではないかと思う。

以前も現像の事で別の写真館の方にご相談に行った事があるのですが、写真を撮る方と接するととても現実を見つめる力が強いのだなあと思う事があります。でもその力を超えて写真に現実を超えた現実を映し出していて、魔術師の様に感じる事もあります。そして今までお会いした方のほとんどは真摯に質問すると物凄く丁寧に答えてくれる人ばかりです。多謝。。!

その後はyoutubeで物撮り関連の動画を見たりして、翌日再挑戦。

この前よりは良いかな~?けど、これはひたすら練習ですな。。

でも、ここでふと思った。私はこれらの写真を撮る上で一番大事にしたい事はなんだろう?もちろん、観る人が観やすい様に。。もあるけれど作品の持っている空気感や肩肘張らない気楽さを伝えたいと思っている。。と考えたらなんだか自分の肩の力がスッと抜けた思いになりました。知らないうちに無理に型にはめようとしていたのかなあという事がわかり、なんだか随分と楽しくなってきました。やはり、自分の肩の力が抜けないと写真を観ている方もガチガチになってしまうと思うから。

こうしなければならない、という事はひとつもないのに、いつのまにか自分軸で考えれない時がある。

良く見る、という練習を続けるのはそのままに。でも窮屈でこの形でなければいけない、という思考からは抜け出して楽しみのエッセンスを加えながら前進していけたらなあと思う。

今度、あの写真館の方に差し入れを持っていこう。

little nap for september

積極的昼寝のすすめ。

この時期、夏の疲れが出やすく、自律神経も乱れやすい時期です。少しの昼寝は夜の睡眠の何時間かに匹敵するようです。。

健康ブログか?という様なスタートになりましたが、昼寝って良いな、と思いました。

先日、夜何故かまったく眠れなくて(その日はそれなりに運動もしたし身体も疲れていて今日は寝れるぞ~と意気込んでいたにも関わらず。。!)ほとんど寝れませんでした。幸いな事に翌日は外出しなくても大丈夫だったので、昼寝を取り入れる事に。

1時間位のつもりが、2時間寝ていた。。(汗)

でもすごくすっきり。

普段、昼寝をするという習慣がないので効果にびっくりしました。

シエスタの時間ってどの企業にも導入した方が良いんじゃなかなあ、その方が仕事の効率がすごくあがるような気がする。

身体は本当に正直だなと思う。それは歳を重ねるごとに顕著になっていく気がします。でも、会社行かなきゃ、でも、これをしなきゃ。。頭でわかっていても身体が動かないことがある。そんな時は身体の声を聴いて欲しい。多分、身体は頭であれこれ考えるよりとても正直で優秀だと思う。

そして自分の事を労わって欲しい。普段頑張っているからこんなに疲れてしまったんだね、と。

突然どうしたんだ。。?というようなブログですが(笑)、そんな事を考える事が最近多かったので。というか、周りの人達をみて結構疲れが出てきているのかしらん?と思ったんですよね。

これを今、出先で書いているのですが、隣の席で喋っているオフィスレイディース達がかなり会社の事でまいっているらしく、エンドレスに愚痴。。(笑)でも、そういう時間って必要よね。。お疲れ様です、と心の中で伝えよう。。(笑)

しかし、「やれることはやりましょうよ!」と一致団結気味で終話したようなのでメデタシメデタシ。

しかし9月って結構好きな月なんだけど、暑さから少しずつ解放されることによって身体もバランスを整えようとするんだろうなあ。。

ちなみにセプテンバーソングというと私はいつも土岐麻子さんを思い出します。勿論本家本元も良いのですが。

have a great september!

幸福のレッスン、拭き上げるか、乾かすか

この時代に生きると言うことは、「頑張れば夢はかなう」というキャッチコピーに呪縛されるということです。うかうかしていると、マスコミが商品を売るために創ったこの言葉に、自分の人生を振り回されてしまうのです。

幸福のレッスン 鴻上尚史 大和書房

頑張る、頑張れ、この言葉を日常で聞くことは本当に多い。真剣に悩み相談をしている時、ささいなメッセージのやり取りの時まで、色んな場面で活用されていると思う。

頑張るというのは特にここ近代日本で美徳とされている事でもあると思う。(その価値観もだいぶ違うものにシフトしていっていると思いますが)頑張らないでいるものはなまけものとしてみなされてしまう。でも本当にそうなんでしょうか?

頑張って自分が考える幸福に向かっているのなら問題ないと思う。でも、あきらかに自分をすり減らして不平不満が漏れてしまうような気づきがない頑張りだったらイエローカードの様な気がします。もちろん、不平不満を言うのが悪いというわけではないし、ボロボロになっても走り続ける人達を私は心底尊敬します。

でも、辛いんじゃないかな?

きっと、もっと甘えて大丈夫なんだと思う。他の人がよれよれになって走っているのをみていると、「大丈夫か~?」と声を掛けてあげる事ってできるんだけど、自分の事になるとなかなかそれが出来なかったりするんですよね。

「何が幸福かを見つけ出す」方法と、「自分の夢をかなえる」方法は、じつは、共通している部分も多いのです。どうやって夢をかなえるか考えることは、どうやって幸福を見つけ出すか考えることと似ているのです。

幸福のレッスン 鴻上尚史 大和書房

これは別に仕事とか、将来の夢とかに限った事ではないと思う。私の昼ドラを聴いて欲しい。

私は食後割とすぐに食器を洗って、すぐに拭きあげたい派なのだが。。しかし、この季節は特に、少し放っておくとどんどん乾いていくので拭き上げがとっても楽になる。そう、そこにはストレスが少ない。

すぐ拭こうとすると、水が食器に纏わりつきすぎていてなかなか拭き上げに手こずってしまう事がある。

この時の私の心の葛藤

「台所がぐちゃっとしているのが嫌だ→だから早く拭き上げたい→でも、そうすると結構もたつくし、こうした方が(少し乾かした方が)楽なのにな。。」とか、面倒な事を結構秒速で脳内ループしているのだ!!!

というわけで、最近は少し乾かして拭いてます。結局、ここ。。!(笑)ストレスフリー

もちろんこれは個人的一例なので、人の事はとやかく言いません。拭き上げるのが速かろうが遅かろうがどちらでも良いです。

ただ、こうした日常の中で自分が何を幸せと思うか?という選択肢はいつも突き付けられていると思う。それに気づいて何をしている時自分が幸福に感じるのか?その感度を高めていけるに越したことはなんじゃあないかな?と思う。。

何より、自分が幸せだと、周りも幸せですしね。。自分で自分の状況が判らない時は周りの人達と少し喋るだけでも自分がどの立ち位置にいるのか、わかるのではないでしょうか。

鴻上先生のご著書を読んで考えさせられました。これからも色んな気づきや発見が人生の中で起こってくると思う。その中でなるべくそれらをキャッチして、自分なりに考える、時に人を頼る、そんな事が出来る様、いつでも自分のコンディションをアスリートのごとく、バランスを保っていたいと思う。

何より、楽しく:)

have a great afternoon!

初秋の朝の空の下、10分の朝食、ベランダにて

ここ何年か朝ごはんは取らないという1日2食の生活を送っていたけれど、昨日から少し食べる事にした。今までも取っていた日もあったけれど今回は意識的に実験をしています。また、食べるとしたらお米でしょ!って今までだったらなっていたけれど、トーストにしています。とある方のお米と小麦の話を聞いて、これまた実験マインドが働いたのでちょっとチャレンジ。

もともとパンは大好きだけど、主食ではなかったんですよね。だからたまにパンが食べたい!という欲求が弾けすぎる時があるので、主食に少し組み込んでみるのも良いのかも、と。

今日は早朝からとても天気が良かったので初秋の朝の空気と空に誘われてベランダに椅子とトーストとコーヒー持って朝食を取りました。。。。。。。。。なんて書くととても優雅な雰囲気を醸し出していますが、現実は、違う。

我が家は人通りが比較的多い通りに面しているのでベランダ出て何かしていると通勤途中の人々の視線が。。(お前の事なんて誰もみてねーよ、って判ってるんですけど、自分だけ恥ずかしいというだけの話なので許してくれ)だからベランダには布団を干し、竿には掛け布団をふぁーさっ、と掛けまして。。死角の中で朝食を楽しんでいるというわけです。

狭い、テーブルも無い、脚もうかうか伸ばせないけれど、やはり外で食べるのは気持ちいいですね。色んな意味で記憶に刻まれそうな朝の風景。。(笑)

早朝(といっても7時台)だからそこまで騒音はなく、鳥のさえずりが多方面から聞こえ(あれって何かしらコミュニケーション取ってるんですか?)、たまに風で当たる掛け布団は麻なのでさらさらと心地が良い。しかも、お隣のマンションから同棲しているであろう彼氏(もしくはだんなさん?)に行ってきますと手を振っている彼女が出勤している。この彼女の姿、実は何回か目撃しているのだが、毎朝の習慣なんだろうか、だとしたら素敵過ぎません?これ。

そして斜めお向かいのお宅が洗濯物を干し始めた。この方たちの事を実はこっそりリスペクトしています。洗濯物を干すか干さぬか迷った時、私は彼らのベランダを見ます。なぜかというといつもご夫婦で一緒に洗濯物をまめにほしているんですよ。。!竿はきちんとふいて、かわるがわるベランダに洗濯物を繰り広げるという。。一度私も洗濯物を干している時に奥さまと眼があって会釈をかわした事があるのですが、嬉しすぎて悶絶していました。

この朝の10分位の間に気づけば結構5感が満たされているのではないか。。っていうか周りの事一番じろじろ見てるの私ですね、スミマセン。

そのうちしれっと本格的な秋がやってきてそうな気がします。夏が終わるとやっぱり夏って良いよなあって思うけど、秋が来る時のあのわくわく感はなんなんだろうな。心地よい感覚が増すからなんだろうか。

ベランダというと真っ先にこの曲が頭に浮かびます

have a nice day!

知らない場所に行ってみたい、の動機

どこか知らないところに行ってみたい、の動機の裏側にはもっと成長したいという思いがあると思う(私は)。今の生活に風穴を開けたい時、行き詰って苦しくて解決策がなかなか見いだせない時、どこか知らない場所で異邦人となって一旦全部忘れてみる。そうすると日々の自分が客観的に見れる事がある。

初めて一人旅をした時(場所は四国)、飛行機も初めて、自分で宿をブッキングするのも初めて、でもそれなりに楽しんできたけれど帰ってきたら帯状疱疹に。。!(汗)帰ってきてホッとしたのか緊張が解けたのか、そんな思い出があります。

金沢に行った時は早朝のバスが今出た。。!という所に滑り込みセーフで乗り入れる事が出来た事。よくよく考えると捕まえられた自分、すごい。

今のご時世では旅行は難しいですよね。そういった声を色んなところから来ているので旅好きの方々は特にウズウズしていらっしゃるのではないでしょうか。

旅行もままならないので、休みの日には近所から抜け出していつもとは違う場所へ、足を運ぶようになりました。同じ都内とはいえど、区が違えば住んでいる人柄も町並みもお店の感じもがらりと変わる事がある。それが東京の面白い点だなあとよく、思います。

後は生活の中でルーティーンを崩してみる事もします。ルーティーンがあるととても楽なのだけれど、それに慣れ過ぎてしまうと刺激が時々足りなくなってしまうので順番を替えたり、いつもとは違うアプローチをしてみたり、思いついたらなるべくやる様にしています(といっても、そんな事考えてもいられない日もあったりするのも事実!)。昔、同僚が「今日は気分転換するためにタクシーで来た」と言っていたのが今でも印象的です(いつもは車。たまにそういう事をやるらしい)。

ずっと同じ場所にいるとその事が当たり前すぎて、何か見えなくなるものがある。だから外に脚を運んでみる。でも、これは帰る家があるから出来る事でもあるんですよね。

そしてもちろん〆はこの曲でしょう。

リトル・ピープル

思えば私の半生、頭の中にぴょこぴょこ現れる小さな人達がいる。何か真剣に考えている時、真面目に描いている時、そのふざけたタッチの人々は1ぴょこ2ぴょこと現れる。(だから勉強が出来なかったんだな!)

ノートにらくがきしたり、何かちょっとした絵を書くときは必ずその小さな人達になってしまう。

リトル・ピープルとでも呼ぼう(村上春樹ファンの皆さん、ごめんなさい💧)

いつも自然に描きすぎているので考えた事なかったけど、現れてくるからには登場させた方が良いのかと考える。

近いうちにネットショップを始めてみようかと考えています。もっと早くできただろうにと、何度も思うのですがこの数カ月、自分と向き合う時間がどうしても必要でした。

作品数こそまだそんなにないけれど、良い気が廻っているものをお届けしたいと思います。作品数と同時に自信も全く無いのですが、私の中のジャニさんが「you, やっちゃいなよ!」というので。。人生短いしね(笑)

何卒宜しくお願い致します;)

いちばん大事なものはなに?

昨日原因不明のもやもやもやもや~にハックされた。寝たらスッキリするかなと思ったらどうやらまだ滞在しているらしい、長い。。(笑)こういう時って、たいてい自分は何も出来ないのではないかと自信喪失に陥って闇落ちしているのだけれど、まず、何をやるかではなくて、何が出来るかからだなと思い直して日々のあれこれを始めました。日々がないと、良いものは作れませんもんなあ。洗おうと思っていたスニーカーを洗ったよ。夏の太陽という強い味方がいるので高速で乾いてくれるでしょう。。

もやもやには昨日発表になった総理の辞任にもある。これから大きく日本社会が変わっていく時でより良い方向に進んでいけば良いと思っている。だけどしかし、なんだかひっかかる事が一つある。それは今回は体調不良の為の辞任との意に対して猛烈に批判する声が上がっているということだ。

許せないと思う人々がいるというのもわかる、けれど、こんな大事な時に、とか体調管理がなっていない、とか、あげくにはちょっとどうなのというようなハッシュタグまで飛び交っていてSNSを見ているのが辛くなりました。それを言っている議員さんもいて、日本にブラック企業が蔓延しているのは上の人々にその傾向があるから仕方のない事なのかもしれないとさえも思いました。

でも、でもです。ここで最高にもやもやしたのは私も過去にそういう思いを抱いた事があった。「なんでこんな時に休むのかな」「逃げたな。。」とか過去の上司に思った事があります。かろうじて「お大事にしてください」とか「お疲れ様でした」は言えていたと思う。けど、人に厳しく、自分にも厳しかった時期だったのかそういう責める感情は沸いてくるし、そんな事を考えてしまう自分の事も嫌だなと思ってしまってがんじがらめだった事がある。

でも、自分自身が心と身体のバランスを崩した事をきっかけに許せるようになったように思う。やっぱり自分自身でその辛さとか、判らないと心から許せないのかもしれない。

私も昔働いていた所で良く思われていなかっただろう事も沢山ある。けど、向き合ってくれた人達や「お疲れ様」の声を掛けてくれた人達がいるから今ここにこうしていれるのだと思う。

とりとめがない文章になってしまったけど、今になって思うのは人一人の体調を重んじる前に責め続ける事になんのメリットがあるのだろう?という疑問です。昔働いていた所では、とにかく休憩は短く、お客様が取れるようにとにかく走って、という所がありましたが、そうさせていたのはやはりお金の事が原因です。でも走り続ける事で皆の不信感も高まるし、どんどん疲弊していくのが眼に見えるようでした。

今回の事は今までの自分の過去の事も回収されていくような出来事だったので象徴的だったとともにとても疲れてしまった。でもこれからもっともっと自分にもあまく、人にもあまくなっていきたい。認識して許せるようになったらその先にまた違う風景が見えると思うから。全員とそうなれるとは思わない、でもそういう人が身近にひとりでもいたらそれはラッキーかもしれない。そして自分に常に問いかけたい、「一番大事なものは何?」と。

闇落ち這い上がりの途中の文章でスミマセン!良き午後をお過ごしください!